自分らしく輝けるポジション、適材適所ならあなたの花を咲かせられる

紫陽花がそろそろ終わるころかな〜、と思うと、今度はアガパンサスの花々が咲き始めます。アガパンサスはお寺や神社に植えられているのを目にします。

こちらの写真は、ただいま工事中のエリアでツボミを膨らませはじめた“アガパンサス”です。
agapansus_1.jpg
実はこのアガパンサス、土地を更地にするときにブルトーザーで根こそぎ一掃されたものなんです!!!

ところが、春になったら、何事も無かったかのようにひょうひょうと緑の葉を茂らせておりました。でもまさか、根こそぎ伐採されてすぐに花を咲かせるとは!(@@)

ここは土が痩せており、カスカスなエリアでした。おまけに冬は霜が降りたら一日中溶けない日もあるほど寒い場所。だからそこに元々あったツツジやキボウシなどの木々も、病気で再生不可能な状態になっておりました。

そのような状態だったので、ガーデナーさんの指示で職人さんがブルトーザーでぜーんぶ伐採したのです。どうにか残せる木はないものか?と、植木屋さんも見に来たのですが、皆無でした。

そして、いちいち選別できないということで、草花も一緒に処分されていきました。。
agapansus_2.jpg
「木を切ることは悪いこと」という言葉は私達の潜在意識にこびりついています。

それは、資本主義社会が恩恵を受けるために、森や森林の木が伐採され続けていることを懸念して、よく言われることばだからでしょう。

けれども、植物や樹そして花をこよなく愛するガーデナー達は、そのような言葉には左右されていません。

ガーデン全体のためにそうすべき時、大きくなりすぎた時、デザインを変える時、下の植物に陽が当たらなくなった時、木を伐採します。

私の敬愛する、今年91歳になる“ベス・チャトー”さんは、粘土質、乾燥地、荒れ地、湿地帯、などのいわゆる『ガーデニングに適さない最悪の土地』に、それはそれは美しいガーデンを創っていることで有名です。

植物学者であったご主人様と研究を重ね、植物の性質を活かし『適材適所』に植えることで、水やりをしないガーデニングを実行しておられます。

いくら研究したとはいえ、どこが本当の適材適所なのか?は、『植えてみないとわからない』のが実際のところです。

ベスチャトーさんも、もしガーデン全体にとって不都合であれば、まよわず木を伐採します。その時、ただ伐採するだけではなく子孫を残すようです。

例えば、種をとっておいて別のエリアに植えたり、枝を切って挿し木にして他の適所に植えたり、など。

植物がうまく育たない場合、適材適所でないことを疑って対処してあげるとよいのですね。

そういう意味では、このアガパンサスさん、いぃ感じの場所に生息しているのかな。だから、根こそぎブルトーザーで一掃されたにもかかわらず、すぐに花を咲かせることができたのでしょうね。

ところで、あなたの場合はどうですか?

この世界であなたが花を咲かせられるところは、どこ?

この場所なら、打たれても蹴られてもまた元気に
自分らしく生きていける。

そんな自分にとってのポジション、知っていますか!?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ハーブを飲みやすくするため合わせると美味しくなる紅茶はこれ!

  2. ヒマラヤの蒼いケシ③(ブルーポピー)の蕾がいっぱい増えました

  3. ヒマラヤの蒼いケシ④(ブルーポピー)が開花しました

  4. 習慣のパワーを使って、コンフォートゾーンを打ち破る

  5. ヒマラヤの蒼いケシ②(ブルーポピー)の蕾が1つあらわれました

  6. 地球が壊れる前に、レオナルド・ディカプリオさん環境問題に取り組む国連ピース

  7. 新しいサロンの入り口、おもいやりを感じるホワイトガーデンの散歩道にしたい

  8. 小さなロウソクがくれた幸せ

  9. ハリントン vs. バビントン

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  2. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  3. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  4. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  5. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  6. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  7. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  8. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  9. 自己紹介に自分の「夢」を語る
  10. ご縁ある人たちとたくさん話しができる1年にしたい

カレンダー

2014年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP