婚活未満、オトコとオンナは永遠の友達になれる?ビリージョエルさんとクリスティーブリンクリーさんの場合

先週の木曜日、ロック歌手、ピアニスト、作曲家であるBilly Joel(ビリージョエル)さん65歳のコンサートが、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンで行われました。

コンサートの中で、“Uptown Girl”を歌っている時の動画がアメリカで話題になっています。

これはおよそ30年前の1983年にメガヒットした曲です。当時のプロモーションビデオには、元妻であり、現役スーパーモデルのChristie Brinkleyが出演していました。

そんなこともあって、1994年に離婚したあとは、ビリージョエルはコンサートでこの曲を歌わなくなっていたそうです。“Uptown Girl”を何十年間もステージで歌わずに封印してきたのですね。知りませんでした。

ところが、先週のNYコンサートでは“Uptown Girl”を熱唱。客席の最前列には、元妻のChristie Brinkleyと娘さんが座っていたので、まるで元妻に捧げて歌っているかのようでした。

Christieさんが最前列で曲にあわせて踊っている様子が、ステージ上のスクリーンに映し出されていたのでそれを見たファンたちが大騒ぎに。何十年間も封印してきた歌を歌ったのだから興奮もひとしおだったのでしょう。

『結婚は破綻したけど、二人は永遠の友達』という記事があちらこちらへシェアーされ、人々がなんとな〜く暖かい気持ちになったエピソードでした。

記事によっては「永遠の友達になる…それは最悪の恋のシナリオ」と皮肉っているものもありましたが。

ところで……

「オトコとオンナは友達になれない」と断言する人もいますが、皆さんはどう思われますか!?

私は“なれる”と思っています。

そして、多くの独身女性達にも、日頃から「男性のお友達をいっぱいつくってね」と言っています。それは、「いい人がいない」「出会いがない」とおっしゃる方の大半に「ある」傾向がみられるからなんです。

男性と遭遇すると、速攻で品定めをはじめてしまうのです。そう、「結婚するに値する人かどうか?」のチェック項目が無意識のうちに頭の中を巡ってしまうのです。

そのため、親しく会話をはずませたり、心の交流があったり、そういう自然な流れよりも、左脳が計算高くばしばし動いてしまう。だから、イイ感じには発展してゆくことがない…

だって、気持ち悪いじゃないですか。いくらなんでも、相手は察してしまいます。そういうふうな目で見られている時って、わかりますよね。婚活以前の問題です。

結婚に値するかどうか?より、どんな人となりなのか?をまずは知ってもらいたいのが一般的な心情ではないでしょうか。お友達→恋愛→結婚、と関係性が深まっていくもの。

相手が同性でも異性でも、同じように自然に接する中で、対話したり心を通わせたりできたらいいですね。

男性でも女性でも、初対面の相手を『人間』として、接していけるように。

「品定め」は、無意識レベルではじまってしまいますので、意識して、それを遮断してほしいなと老婆心ながらおもっております。「わたしはそんなことしてません」と瞬時に思った方は、要注意です!!(逆に「わたしやってるかなぁ?」と考えた方はやってないかも)

それが自然にできるようになれば、結婚後も引き続き良いことがあります。

異性を一人の人間として見ることができる、友人として尊重しあう関係を築くことができる、こういう人は、どちらかというと浮気しない傾向にあるとお見受けしています。

世の中の奥様の中には「え〜、そっちの方が嫌だわ」とおっしゃる方も半数くらいおられるでしょう。心がつながっている方がジェラシー感じるということですね。

でもきっとそうおっしゃる方は、本当に浮気されたことがない奥様ではないでしょうか。

私が人々のご相談に乗ってきた経験では、浮気によって、その家族は多大なる被害を被ります。家族のための大切な預金を失います。浮気された方の心のみならず、体とくに内蔵を悪くします。事情が分からないけど家の中の雰囲気が一気に悪くなりお子様が精神的に悪影響を受けます。あまりに、リスクが大き過ぎます。

異性を一人の人間として、友人としてリスペクトし合い、友人関係になれる人は、こんなことには比較的なりにくいです。

とはいえ、これはあくまでも私が見てきた傾向であり、個人的見解です。

うちの母は、なぜか昔からモテ体質なんですが、74歳なのにいまだにストーカー的な人がちょぼちょぼ現れます。

少し前にも「木曜日のお稽古の日に気持ち悪い人がいるの」なんて、言っていました。送り迎えをしたいとかドライブ行きましょうなどと、しつこいほどに言ってきたり、プレゼントをよこしたりするそうです。

私は、母にはできるだけボケないでいつもワクワクしていて欲しいので、こんなことを言いました。「あら、いいじゃない。お茶のみ友達になったら?」と。「え〜、イヤよ」と言うので、さらに、「この歳になって何されるわけでもないんだし、いいじゃん」とアドバイス。(*゚0゚)

すると母は「姉と妹では、ずいぶん意見が違うのねぇ」と言い出しました。

妹にもその話しをしたらしいのですが、妹は「そういう人は危ないからお話しちゃいけないよ。気をつけて。」と、母に厳しく告げたそうです。

ワクワク系で不埒(フラチ)な姉からのアドバイス。母だけでなく、みなさまにも届けたい。
(=´▽`)ゞ

異性を一人の人間として接する習慣をつけよう!お互いにリスペクトし合える異性の友人をもとう!(とはいえ、ストーカー的な性質の人とは関わらない方がベターですね)笑

反対意見の方、お気を悪くされてたら、ごめんなさいね〜
m(。。)m

 

65歳のビリージョエル!元妻の前でアップタウンガールを熱唱♬
会場はめちゃくちゃ盛り上がっています!
↓ ↓ ↓
(残念!YouTube動画消えていました)

 

インスタグラムに、元妻がアップしたその時の写真。
美しい!これで還暦だとは(@@)

 

1983年当時のアップタウンガールPV。
元妻クリスティーは還暦の今もあまり見た目が変わっていない!

 

先週、コンサート後に撮影されたファミリーPhoto
左が息子さん、右が娘さん。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 婚活に応用できるポージング、親密な関係をきずく為にまず形から?

  2. 自分にピッタリのヒト、何歳になっても巡り会えるよ

  3. 恋愛の破綻で求めるのは愛?それともお金?男女のコミニュケーションがすれ違う時

  4. ひながた女と天然女どっちがいい

  5. 浮気をバラす人は、エネルギー的な暴力を振るった事と同じなんです

  6. それでもアナタはモテたいですか!?

  7. 失恋は別れるから悲しいというより、伝わらなかったから悲しい

  8. 自分のバストは好きですか?マスコミに洗脳されないで自己イメージが高まるバストアップを

  9. 失敗の結婚とは、応援しあえない本能的に満たされないパートナーシップ

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP