フィシオエナジェティック10周年、お世話になった通訳さんが引退

今年はフィシオエナジェティックの10周年。先週は都内で、代替医療を取り入れている先生方のための国際セミナーを開催していました。

「フィシオエナジェティックが日本に上陸してから10年経つんだね」と、来日したラファエル先生と食事をしながら感慨に耽ってしまいました。

2004年に開催した第一回目のセミナーの時は、あまりに革新的な療法だったため、説明されても内容がよくわからず、皆様へのセミナー告知文が曖昧な表記になってしまいました。

それでも「なんだかよくわからないけど、スゴそうだから参加したい」という先生方だけがお集りくださって、鵠沼サロンで講座を開きました。

その時の写真は、ラファエル先生も大切にしています。ウィーンで行われた協会本部20周年記念パーティーでも、その記念写真をお披露目していました。

最初の回は、通訳さんをお願いする余裕がなくて、私の通訳でした。(ヨーロッパの先生方は、だいたい5〜6カ国語を普通に喋ります)翌年からは、ドイツ語通訳の第一人者と言える、コオリさんと出会い、ずーっと当社の代替医療系セミナーの通訳を担当していただいていました。

大学で薬学を先攻しておられたので、解剖生理の用語から薬草や化学物質の名前など何でも訳す事ができるし、何より日本語がとても上手で、聞きやすい通訳をしてくださっていました。

これまでお世話になってきたコオリさん、今回で引退されることになりました。

実は、引退の準備は2年以上前からしっかりしてくださっておりまして、後継者の育成に力を尽くしていただいてましたので、安心です。でも、やはり寂しい気持ちは否めません。

時代は移ろい、人は歳をとり、社会も環境も静かに、でも着実に変化してゆくのですよね。こんな当たり前のことでも、時々すっかり忘れてしまうことがあります。

今回のセミナー開催の数日前に、岩手県で震度5の大きな地震がありましたが、ラファエル先生は家族から「日本に行かないで〜」と言われていたそうです。

先生も歳をとっていくのだし、いつ家族から「もう海外出張しないで」と禁止令が出てしまうかもわかりません。(本人は90歳になっても来る!と言っておりますが)

ほんとうに、こんなに遠くまで時間をかけて来ていただけることに深く感謝します。そして、フィシオエナジェティック発展の一旦を担っていただいた通訳のコオリさんに対する感謝の念も堪えません。

良い通訳さんあってこその国際セミナーです。外国人講師との相性のようなものもありますね。

素晴らしいセミナーは一期一会から。。。。

 

 

関連記事

  1. 私が感じたネパール

  2. 幼少のころからのプロジェクト

  3. 以上! & 完了!

  4. 世界遺産「ヴァッハウ渓谷」

  5. 「地球を癒す」M J 永遠に

  6. SNS(ソーシャルメディア)を通じてマインドコントロールされ…

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP