ハリントン vs. バビントン


ハリントン

 

babintong

バビントン



我が家のお庭でウロウロしたあと、ちょうど作業で来ていた植木屋さんに助けを求めたらしい、茶色のワンちゃん。「お外に出ちゃってたわよ」と、植木屋さんが抱っこして連れてきてくれたんだけど、その犬、うちの子じゃない(笑。

名札がついてたので、見てみると『ハリントン』と書いてある。書いてあった番号に電話してみると、英語だった。飼い主はどうやらイギリス人らしい。金髪のママが迎えに来て、無事にお家へかえってゆきました〜。

しばらくすると、いつもお世話になっている家具屋さんが、セラピールームに置く小さなテーブルを持ってきてくれました。

以前納品してもらった戸棚の扉の1ミリの隙間を調整してもらったりしながら、いろいろとおしゃべりしていて、私が「グレーがかった水色のソファーがあったらいいのにな〜」って呟いたら、しばらく考えている様子。。。

そしておもむろに『バビントン』がこの家に合うと思う!と、おすすめしてくれて、iPhoneで写真を見せてくれました。

あ、バビントン、イギリスの会社だ。

そのときは素敵な手作りのソファーに見ほれていて気づかなかったのだけど、さっき今日撮った写真を取り込んでいてふと気がついた。

イギリスのハリントンと、イギリスのバビントンが、
たて続けてやってきた日だったなぁ〜』と。

なんの共時性だろうか❀.(*´◡`*)❀

ほっこり、おもしろかったから、シェアーしてしまいました♬オチがなくてごめんなさい(^^;;もしも後日、オチがやってきた暁にはお知らせしますね!


関連記事

  1. 子供の頃の夢をホントに実現化させる:パウシュ教授のラスト講義…

  2. ただいま玄関先の雰囲気はブルー系

  3. フランス映画と、私の想い出

  4. 食のクオリティーを高く、自分を大切に

  5. 花屋さんの謎 、ピンクのガクアジサイ

  6. フィシオエナジェテックのミニ講話

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP