恋愛の破綻で求めるのは愛?それともお金?男女のコミニュケーションがすれ違う時

クライアント様とお話しをしたり、その他にも人のお話しを聞くことが好きなので、そういう機会がよくあるのですが、今年、何度か同じセリフに出逢い、気になっていたことがあります。

それは、男女間の問題についての会話で聞こえてきたことばでした。

恋愛関係が破綻しかけた時、“お金”を請求したくなるお嬢さんがいます。

「金をよこせ、さもなくばこの写メを会社に送るぞ」とか、「奥さんにバラす!と脅して金を要求しようかしら」とか、お嬢さんが物騒なことをおっしゃるのです。

そんなに愛した人なのに、なぜ!?と思う人が世の中の大多数かもしれません。でも実はこれ、愛している(た)からこそ、の発想である、というケースもあるんです。

『愛』は、物質ではなくエネルギー『お金』も、エネルギーです。

それまでは、『愛』という名のエネルギーの交流があったから、エネルギーを受け取る心地よさが得られていたわけですよね。。

でも、関係性が破綻したために、それが感じられなくなった。いままで美味しいご飯を口に運んでもらっていたヒナが、餌を与えてもらえなくなった時のように。

だから、

『愛』という名のエネルギーをくれないんだったら、『お金』という名のエネルギーを替わりによこせ!!っていう想いが自然とでてしまうのでしょう。。。
(;;)

私は、このようなお嬢さんとの会話がなされたとき、こう言っていました。

「べつに脅さなくったっていいんじゃない?」「ストレートに“◎◎にお金が必要だからお金ちょうだい”って言ったら、きっとくれるよ」って。

男性は、女性とは愛の形がちょっと違う生物です。男性は父性愛をもっていますが、父性愛は母性のように細々した心遣いではなく「守る」など、もっと大きな枠で発揮されるのではないでしょうか。

なので、男性側が「もしかしたらお金が足りないんじゃないか?」とか、細部まで気づくことができなかったとしても、「お金が足りないからください」と説明してもらえれば、「そうですか」と気づき、行動に移せるかもしれないのです。

女性と男性とでは、気づくポイントが大きく異なっています。

よく、男性が何かに対して気づかないことに関して、激怒している女子がおられますが、気づいてもらえない事があったら、口で説明すればいいのです。

そして、気づけなかった男性は、「気づいてあげられなくて、ごめんね」と言えばいいのです。

そんなシンプルなことなのに、コミニュケーションがすれ違いを起こしてしまい、物騒なことを考えてしまうお嬢さんがいるのです。

『愛』とか、『お金』の問題が勃発すると、人ってなぜか過剰反応してしまいます。人間はエネルギーが枯渇してくると生きてゆけなくなってしまうからなんですよね、きっと。

だから、エネルギーの供給源が断たれると、恐怖が出て爬虫類脳が優勢になってしまうのかもしれません。

「会社にバラされたくなかったら金よこせ!」と脅す発想しか浮かばない女性もいれば、「△△なので、YXZ円ください」と、ストレートに言える女性もいます。

前者は、エネルギーが枯渇気味な人。
後者は、自己イメージがやや高めの人。

さまざまなケースを拝見していると、このような傾向がみられます。(もちろん、全員がそうとは限りませんが)

「エネルギーが枯渇気味な人」というのは、“奪う” か “奪われる” か、の瀬戸際で生きてきたようです。もしくは、誰かから“奪われる”と、自分が“奪う”を交互に繰り返す関係性が日常的だったか。

エネルギーは、奪ったり、奪われたりするものではない、と私はおもっています。エネルギーは、つねに流動しており、エネルギーの交流は水面の様に動きのあるもの。

『愛』だって、『お金』だって、
エネルギーですよね。

いつだって交わり流れまた交わってくる。いつだってそこにあるよね。

もしも、このお話しに出てくるような、物騒なことを想ってしまうお嬢さんがいらしたら、「私エネルギーが枯渇気味かしら?」と、自らを観察してみてください。

そして、いつだってそこにある大切なものを感じたり味わったりしてみてくださいね。

自己イメージを高めることって、おそらく誰もが一生かかって行うプロジェクトなんじゃないかなーと思いますよ。

 

┌───────────────────────────┐

♡Blogカテゴリー【LOVE道】記事はこちら

└───────────────────────────┘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. オトナの恋が実るとき

  2. ある先輩の“LOVE道ストーリー” が教えてくれたこと

  3. 「容姿に自信がない」という心理状態の原因はコレ!

  4. 自分にピッタリのヒト、何歳になっても巡り会えるよ

  5. 婚活未満、オトコとオンナは永遠の友達になれる?ビリージョエルさんとクリスティーブリンクリーさんの場合…

  6. 人生を邪魔する「2つの思考」、それは…

  7. あなたの気持ちは陳腐なニセの愛?ほんもの?失恋したあなたの本心の見分け方

  8. セクシーになりたい米国の女子 vs. あひる口で上目づかい日本の女子

  9. モテ期を引き寄せる第一歩は、こんなモデリングをすることから!

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP