ある先輩の“LOVE道ストーリー” が教えてくれたこと

私の先輩の身に起こった、非常に興味深い、“LOVE道ストーリー” をご紹介したいと思います。

その先輩は仕事一筋で、しばらく恋人や好きな人がいない時期が続いていました。仕事ができて明るい女性で、一緒にいるときはいつも笑いが絶えなかったです。

そんな先輩に、大好きなヒトが現れました♡
同じ趣味の同好会のメンバーで、4つ年下の男性です。

その男性の事が大好きで、いつも私たちにも進歩状況をお話ししてくれてました。いつもは明るくはっちゃけてる先輩が、女らしく振る舞ったり彼の前でしおらしくしていると聞いて、彼に好かれようとして試行錯誤する先輩が、なんだか可愛く思えて、みんなで応援していました。

ところがある日、率直に告白したところ先輩は見事に
フラレてしまいました(;;)。

それだけならまだしも、その趣味の同好会のメンバーの中にいた他の若い女性と付き合いはじめたというのです!!

4歳年下の男性が、あの先輩をフッて、彼よりさらに年下の女の子と目の前でおつきあいをし始めたのですから、先輩はさぞかしショックだった事でしょう。。。。

と、私たちが心配していたら!?

先輩は、めっちゃ怒っていました。凸(`Д´メ)
(え?なんで?)

「私をフッてあんなオンナと付き合うなんて!けしからん!」

「ただ歳が若いだけで中身がないオンナに、
なぜ私が負けなくてはならないのか!?意味がわからん!」

「いったいどういうことだ!!」

私たちは激怒する先輩を目の前にして、
おどろき、ただただ目が点になるばかりでした。

きっと落ち込んでるだろうと思ってたから、
元気づけようとしていたけれど、とんでもない!
充分元気。
そんでもって、さらに元気倍増で怒りに燃えている。

さ、さすが先輩だね!
やっぱ違うよね!
って、私たちは羨望の眼差しで見守っていました。

すると先輩は、とうとう彼の住むマンションまで
突撃してしまったんです。ヾ(*`Д´*)ノ”

いきなり、ピンポーンってたずねて行って、

「ちょっと、アンタ!いったいどーいうこと!」
「なんであんな薄っぺらいオンナと付き合ってるわけ!」
「このワタシを差し置いて!」
凸(`△´#)凸

って、いちゃもんつけにいったんですよ。。。
(せ、せんぱい….)

それまで先輩は、彼の前ではしおらしく振る舞っていたから、
怒り狂った女を目の前に彼もさぞかしビックリした事でしょう。
(^^;;汗

それでね、
彼のマンションにいちゃもんつけに行った帰りに、
先輩は私らと合流。

「ビシーッと言ってやったわ〜」
「あ〜スッキリだわぁ♪」
といいながら、ビールのジョッキを傾ける先輩。
やっぱ、カッコイイわ。(*^-^)

「私たちは大好きだからねっ、そういう先輩♡」
なーんて、物語を勝手に終結させていたら….
翌週にすごいことが起こりました(@@)

彼から先輩に電話あり。
先輩は呼び出されて年下の彼に会いに行きました。

そして、なんと先輩は、
w(*゚o゚*)w

年下の彼から告白された!!!
「惚れました」って!!

えぇぇぇ〜〜
(“▽”*)
(わたしらは、超、大声あげた)

年下の彼がこれまでどんな気持ちでいたか?を、先輩に
一部始終話してくれたのです。

彼の気持ちはこういうことだったんです。
↓ ↓ ↓

はじめて趣味の同好会で先輩を見かけた彼は、「あのヒトいいなぁ〜」って思いました。それで、近づいてお話ししたりしていたんだけど、自分が思ってたような女性じゃなかった。

彼がはじめて見たときは、自己主張をきちんとできる女性で、はっきりしてて明るいはっちゃけたタイプの女性なんだろうな〜って
イメージだったのに、いざじっくり話してみると、なんだかおとなしくて自分の意見さえ言わない女だった。。。

慣れてくれば、もっと自分を出してくれるのか?とも思ったけれど、いつまでたっても大人しくて自分の考えとか自分のことを話さないような人だった。

彼は、ちょっと残念だったけど、思ってたような人じゃなかったんだなーと思い、同好会のいち友人として付き合おうとした。

そんな時に、別の女性(例の年下の女性)から「つきあって」と言われたので、とりあえずおつきあいしてみることにした。

と、こんないきさつがあったのだそうです。。。

で〜、

彼のマンションに勝手に押しかけて行って、怒鳴りまくる先輩を見て、「あ〜、やっぱり、自分が第一印象で思ったような女性だった〜」ということが、やっとわかったんですよね、彼は。

自分が思ってることをはっきり言えるオンナ。自己イメージがめちゃ高いオンナ。はっちゃけに明るいオンナ。

そういう人が、彼の理想のタイプの女性だったんです。
そして、それは先輩そのものだったんです。

ところが、先輩は久しぶりに大好きな人が現れたもんだから、ヘンに緊張してしまい、好かれようとしてワザとらしい振る舞い
をしたり、おとなしい子ぶったり、聞き役に徹したり、おほほほほとかって、口をおさえて笑ってみたり。。。

そんなのは、ぜんぜん先輩じゃないっす。
いつもの先輩じゃない。

あ〜、
本人じゃない私たちにとったら、
なんだか連ドラより面白い事件。。。

最後には超ハッピーエンドでおわったのですから、
なおさら楽しい物語でした〜。

2人の恋は、紆余曲折してしまったけれど、
結果的に、先輩が自分をさらけ出したことで
一件落着です♪

この2人は結婚して子供もできて、
いつまでもラブラブカップルですよ。

それで。。。

この先輩の場合は、怒鳴り込みにいけるチャンスがあったし、(まぁ、フツーの人はフラレて怒鳴り込んだりしないですよね)すれ違いがおこったズレを修正することが、たまたまできました。

でも、ほとんどの場合はズレが起こっていることすら、気づかないのではないでしょうか!?

ただ単に、「ワタシは好かれてないんだ」とか、「ワタシは嫌われちゃってる」と思っておしまいですよね!?きっと。

だから!!!!

乙女のみなさま、
好きな人の前で、演ずるのはやめましょう♬
好かれるための作戦などいらぬもの。

ピッタリのお相手とカップルになりたいならば、芝居をして意図的に「こう見せよう」とか、頭で考えるのは不毛な戦略である。と、知るべきでしょう。

恋愛は『心』でするもの、だもんね。
(⌒~⌒)

「こういうふうにしたら好かれるんじゃないか」という考えは、ほとんどが女性雑誌などマスコミからの洗脳でしょう。ばかばかしいにもほどがあります。

ちなみに、「お芝居」と、「自分を変える」
のは、ぜんぜん別物です。

例えば、もしも本気で「おしとやかな女性になりたい」と思うのならば、“おしとやかなふり” をするのが、不毛な戦略。

けれども「真の意味でおしとやかを目指すための努力をする」と決心し、日々精進するならば、それはそれで本質を変えようと
しているわけですから、いいのではないでしょうか。

『芝居などせずに、逆に自分らしさを磨いちゃおう!』

素敵な先輩から身をもって(笑)おしえてもらったこと、みなさまにもシェアーさせていただきました。

自分らしさを磨くっていうことは、

自分にとっての “快” に敏感な女性になること。

そして、心がいつも自由な女性でいること。

年初めにブログをご覧くださったみなさま。今のあなたを好きになってくれる、ピッタリな相手との出逢い。きっと訪れますよ♪

自分らしさに磨きをかけよう〜☆

今年あなたにそんな出逢いがあること、
♡お祈りしています♡

 

 

┌───────────────────────────┐

♡Blogカテゴリー【LOVE道】記事はこちら

└───────────────────────────┘

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あなたの『愛』は陳腐?ほんもの?あなたの本心の見分け方

  2. セクシーちゃん&アヒルちゃんの対決

  3. 失敗の結婚とは!?

  4. それでもアナタはモテたいですか!?

  5. 自分のバストは好きですか?マスコミに洗脳されないで自己イメージが高まるバストアップを

  6. 虹色おくさんd(⌒o⌒)b欲しい男性はいますか?

  7. キャバ嬢に学ぶ、軽い会話中に男性を気分よくさせるセリフは?

  8. 『LOVE道』的なアプローチ 

  9. ワラビーに学ぶ夫婦円満術

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 身体を電磁波が流れる!家の床や壁などをチェックし低周波にも注目すべき理由とは
  2. アーモンドは理想の食品だったのに今は注意が必要になってしまった、その理由とは?
  3. 危険!健康オススメ情報だけは常にアップデートしなくてはならない理由
  4. お母さんは悪くない、他者原因の考え方はあなたを成功から遠ざけ病気を招く
  5. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  6. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  7. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  8. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  9. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  10. 自己紹介に自分の「夢」を語る

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP