今、見直されてきた紅茶の3大魅力とは?

近年、シングルリーフの紅茶の魅力に、はまっています。

シングルリーフとは、文字通り「1種類の茶葉」だけを利用していただくもの。

ティーパックに入っている一般的な紅茶は、シングルではなくて、いろいろな葉を混ぜてブレンドしてあります。

ティーパックは、誰がどんなに雑に入れても美味しく紅茶が飲めるように、プロによって配合されているので、非常によくできています。

シングルリーフの紅茶の場合、

どの産地でとれたか?
どこの茶園で栽培されたか?
どの季節(タイミング)に摘んだか?

をこだわって、さらに入れ方を駆使して、紅茶の多岐にわたる味わいを堪能します。(いろんな葉を混ぜてない)

【五感をシャープにしてくれる紅茶】

その紅茶リーフの特徴や風味をよく知るには、ホワイトワインの試飲と同じようにいただくとよくわかります。

ワインを美味しくいただくために作られた、白ワイン用のワイングラスを用いて、紅茶を試飲すると香りがわかりやすくなります。

ワインの試飲みたいに「ズズズっ」と音をたてて紅茶の液体を吸い込み、鼻に香りがたつように試飲します。

さまざまな産地の紅茶を飲み比べてみると、その違いがよりいっそう分かりやすくなります。

はまっているだけあって(笑)、各産地の紅茶の飲み比べを、紅茶先生と一緒にときどきしています。かなりのマニアックなので、飲んだこともないような高級茶葉で入れたものをいただくことも。

平地のお茶畑で採れたもの、高山で採れたもの、同じ茶園でも春に摘んだもの、秋に摘んだもの、みなそれぞれ味も香りも違います。

飲み比べといっても、味だけでなく臭覚をつかった嗅ぎ分けもしているわけなので、臭覚がシャープになってきますね。

入れたばかりの紅茶の香り、2〜3分たった紅茶の香り、スプーンについた香り、同じものなのにタイミングによって、香りが変化します。

そんなことをマニアックな紅茶先生とやり続けていたら、とうとう飲めないコーヒーの品質までわかるようになってしまいました。(酸化した豆、フレッシュな豆、酸味や苦みの強弱、品質の違い、などです)

コーヒーは飲めないから、飲んでいないのに違いが分かるって、おかしいですね。(^^;;

blog_tea.party600

【健康維持のため薬がわりの紅茶】

昔のイギリスでは、紅茶は貴族の飲み物でした。美味しく味わうだけでなく、「薬」としても重宝されていたそうです。

上の写真↑は、19世紀イギリスの上流階級のティーパーティーの様子です。

よくみると、なんかヘン?カップではなく、お皿を口に運び、
お皿からお茶を飲んでいます。

お茶は中国から入ってきたもので、同時に茶器も中国から輸入されたものしか無かった。どうやって茶器を使ったらいいのか、分からなかったから、最初はお皿で飲んでいた、という説もあります。

昭和の時代、紅茶はカフェインを多く含むからあまり飲み過ぎない方が良いと言われていた時代もありました。

けれども今は、研究により紅茶に含まれる様々な良い効能もわかってきています。

紅茶協会の発行しているポスターには、「紅茶はウィルスを除去してくれる」と書いてありました。

インフルエンザなどのウィルスの形状は、イガイガしていますが、そのイガイガの間に紅茶の成分の1つ「テアフラビン」が入り込んで不活化させ、ウィルスが体内に居残ることを防ぎ、体外に排出させやすくしてしまうのだそうです。

その他、含まれている栄養素は、ビタミンB1・B2、カルシウム、カリウム、ナイアシンなどのビタミン類やミネラル。

酸化を防ぐポリフェノール、フッ素、カテキン、などなど。

消化器官を助けたり、血液サラサラにしたり、鎮静効果をもたらしたりするので、全般的に健康のために良い効能が多いということが、わかってきています。

もちろん、健康にいいから紅茶が好きというわけではぜんぜんないです。
blog_teapot.cusion
【リラックスして意識が変わる】

気分を変えたいときに、仕事の手を休め、作法に従って紅茶を “ちゃんと” 入れ、芳香に包まれながらゆったり味わうと、非常にリラックスして意識ががらりと変わります。

このリラックス効果は絶大だと感じます。

大学の研究所でもこの効果について解明がされているようです。

紅茶に含まれるアミノ酸の一種“テアニン”は、脳をα波に導く作用があると聞いたとき、「だから休息タイムに紅茶をいただくと、意識にメリハリがつくのだなー」と、納得してしまいました。

「仕事の手を休めて紅茶をちゃんと入れる」ティータイムをとると、その後の作業の効率が抜群によくなります。

先日、ビジネスマンの方から、「集中力を維持したり、気分を変えるためにどんな工夫をしていますか?」という質問をされました。

そのとき、この紅茶の話しをしましたところ、「それはよさそうですね!」ということで、早速試してくださったのです。

そして、やはりその人もハマってしまい、「紅茶の味と香りで気分転換すること」の効能がよくわかったとおっしゃっていました。

皆様もぜひ、試してみてください♪

【今日からはじめてみてはいかが】

できればシングルリーフでちゃんと入れることがおすすめだけれど、パックの紅茶もあなどれません。

パックで入れる場合も、器とポットはあらかじめ暖めておいてください。

よく子供のころにお湯を先にカップに入れたあとにティーパックを入れてました。(^^;;ホテルやドリンクバーで飲むときも同じですね。

そうではなくて、ティーパックを先に入れてください!カップにパックを先に入れたところに上から湯を注ぐ、が◎です。

その上で、すぐにフタをします。カップしかなければ、カップの上にお皿か鍋のフタか何かを置いて3分ほど待ちます。

(茶葉によっては4分のときも。置き時間は、味をみて調整してください。)

もしポットとか急須があれば、あらかじめ暖めておいて、先にティーパックを入れ、湧かしたての熱いお湯を注ぎ入れます。

茶葉を蒸らしている間、ティコジーをかぶせておくのが理想です。

ティコジーはお茶の葉を蒸らすためにポットにかぶせておくものです。お持ちでなければ、タオルなどをかけて代用してください。

以上です。

紅茶の魅力に出逢えるといいですね♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. TVやスマホなど、人工的な刺激を受けないとどうなる?

  2. 恐怖の感情はIQを下げる!自然療法で生命時間の無駄使いを減らそう

  3. 抗酸化物質が豊富で免疫機能を高めるオレンジ色の食べ物のヒミツ

  4. 代替医療を学ぶ者は、人のため&自分のため

メールおしらせ配信

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 知ったことについて考えを深めて言語化すると、頭が良くなるってホント!?
  2. 浮気発覚?そんな逆境をどう捉えるか?前進?停滞?後退?ここが運命の分かれ道!
  3. ぜーんぶオープンな「公の人」になる、SNSやら何やらで疲れたなら…
  4. 共感力がつよく敏感に感知する人たちHSP
  5. 老眼にムチ打って、LINE@とLINEブログをはじめました
  6. 自己紹介に自分の「夢」を語る
  7. ご縁ある人たちとたくさん話しができる1年にしたい
  8. 共感力の強い子供やペットへ良き影響を与える、楽しく・明るく・未来に希望を持つ生き…
  9. ティーンエイジャーに小言を聞き入れてもらいたい時に使えるワザ
  10. ご長寿さんの潜在意識に埋め込まれてる「たった1つのメッセージ」、若いうちから持つ…

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP