ティーンエイジャーに小言を聞き入れてもらいたい時に使えるワザ

中高生に言わなきゃならない事が伝わりやすいワザをご紹介します。といっても、これはご主人様や恋人や職場の部下など、その他の大切な人達にも応用できます!

総勢8人の甥っ子や姪っ子たちは、わりと自由に育てられています。

でも、時々はビシっと言わざるを得ないことだってでてきます。でも、親が言っても「まったく耳を貸さない」という事態もでてくる。そんな時、妹や義理妹から「ねぇ、これ言ってくれないかなぁ」と頼まれることがあります。

インターナショナルスクールに通っている甥っ子2号は、お年頃になってブロンドヘアのガールフレンドができた。それはそれでいいんだけれど、ちょっとした問題が勃発しました。

ガールフレンドの国ではファッションでタトゥーを入れる風習があるため、ティーンエイジャーでも入れている子がいる。カノジョさんもご多分に漏れず入れた(入れようとしてる)とのこと。

それで、我が甥っ子2号もカノジョさんの影響で入れたがっていたそうなんです。「タトゥーはさすがにダメだよ、日本だったらアチラの世界の人だと思われるわよ」とママが言ってみたものの、まったく聞く耳もたず。そこで、私に要請がきました。

高校生になったティーンエイジャーが聞きたがらない小言の様なことを伝えるのは難しいですよね。甥っ子2号も聞きたくない話しをしはじめると、私が好きな話題にすり替えちゃったりするし(笑。

そこで、しっかり伝えるためにはワザが必要になってきます。
 

ティーンエイジャーに聞き入れてもらうには

そのワザとは、『短くてインパクトのある言葉』を端的に伝えること。

話題をすり替えるとか逃げるとか小ワザを使われて、対決でこちらが負けちゃったりした経験から生まれた叔母の知恵なんです(笑。

「短くてインパクトのある言葉」とはいっても、×威圧的ではいけないです。×命令形ももちろんNG。「許さない」なんて単語を使った日には、拒否や反発が起こってしまいかねません。そして、ダラダラと長く語るなんてことは言語道断です。

これはいうなれば、TVコマーシャルとか広告のキャッチコピーのようなものですね。

短い文章の中には、こんな言葉が必要です。

1)ポジティブなイメージを彷彿させる単語
2)脳裏に残ることば
3)言葉にリズムがある
4)聞き入れたらお得なことがあると思える
5)伝える本人が大切にしている世界観が感じられる

1)ポジティブなイメージを彷彿させる単語
聞いてて気持が良い言葉を使いたいです。「これやらなかったら落第するよ」とか暗いことってモチベーションにはなりにくいですよね。(脅してどーするっていうのもあります)

2)脳裏に残ることば
聞いたばかりのときに「ケッ」と思われたりそっぽを向かれたとしても、後になってから頭の中に再び現れてくる言葉を選ぶ。

3)言葉にリズムがある
リズムが美しければ受け入れやすくなるし、覚えてもらいやすい。

4)聞き入れたらお得なことがあると思える
これは、交渉なのだから「これ買い!」って思ってもらわねば(笑。

5)伝える本人が大切にしている世界観が感じられる

伝える人の心や世界観を表すようなことばは響きます。そこには愛があるからです。誰かの受け売りを言ってもたぶん伝わらないですね。

ん〜、けっこう難しいです。すぐには思いつきませぬ。「タトゥーをやらないで」って伝えるためのキャッチコピーは、1か月ほどかかって考えました。

なんだか、広告代理店のコピーライターみたいですね。

だけど、楽しかったですよ。
omichi_sam3
 

これを聞き入れて欲しい理由をまず考える

小言のような内容の話しを聞き入れてもらいたい時、なんでそうして欲しくない(ほしい)のか理由も含めて伝えなくてはなりません。

まずは私なりの理由を考えてみましたところ、一番は「身体によくないから」でした。「温泉に入るの断られたらどうすんの」とかもありますが、それは自己責任だし二の次。やっぱり、体に悪いからという理由が第一にきます。

タトゥーは、皮膚の表面に近い部分に色をのせていきます。まだ子供なら、そこには内蔵とか脳とかの大事な臓器は無いって考えますよね。

でも実際には、皮膚は体の中でいちばん大きな臓器です!体から毒を排泄したり経皮吸収したりなどの機能を担っている大事な臓器。

そして、色を入れる皮膚のすぐ下には『リンパ腺』という、生命にとって欠かせないものが存在しています。

リンパ腺は体中すみずみまで流れていて、体に入った毒をひろって処理場まで流していく役割をしています。血液が流れている血管も平行して流れていて、リンパ腺と血管は一緒になってお仕事をしています。

そんな大切なリンパ腺の中に、『色』が入ったらどうなる!?キミのリンパ腺には入れ墨カラーが流れることになるんだね。

….とそんな怖いことは、キャッチコピーには入れられません。だけど、伝えたいことの第一番は「体の為によくない」ということが明白になりました。
 

こんなコピーを伝えた

できあがったキャッチコピーは、これ。

肉体は、私たちを未来へと連れて行ってくれる乗り物

体はとっても大切。「肉体は、私たちを未来へと連れて行ってくれる乗り物」だから。病気もタトゥーも怪我もNOなんだ。(実際には英語で伝えたのでリズム感がちょっと違います)

これ言ったら「えっ」て顔して、やられた〜って少しニマっとしていました。

さて、どうなることやら。。。
 

余談ですが

ティーンエイジャーに何かを伝えるためのキャッチコピーを考えるのは大変だけど、なかなか楽しいもので結構ハマってしまいました。ただ、頼まれてない事は言ったりしません。できるだけ自由な発想でいてほしいですものね。

それで今、人生が良くなるキャッチコピーを書いています(笑。

356日メールでお届けできたらと考えています。

できあがったらお知らせしますね(^_−)☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 大切な人に言ってはいけない言葉、「失敗」はただの「経験」なのだ!

  2. 感性を壊さないためのヒント「美味しい?」って食事中に聞かれたら?

  3. “言葉” と “行動” がピターっと一致すると、幸福度が高まる

  4. 言葉の力、カワイイ師匠から教わった成功法則・引き寄せ

  5. 人をほめる時は、昔の事をむしかえさずただシンプルに褒めよう!

  6. 記憶の捏造、負の思考ループと言葉オバケに人生を支配されるべからず

  7. ご長寿さんの潜在意識に埋め込まれてる「たった1つのメッセージ」、若いうちから持つべし

  8. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは

  9. 批判ばかりしていると、失敗を恐れるつまらない人生になっていく

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

人気の記事

庭の四季Instagram

「いいね」クリックで購読♪

ブログ筆者

sb_profile_bw300x200 【大道かほ莉】Kahori Omichi
打たれ弱い女子のための
「エナジーロスの無いシンプルな生き方」
に関するセミナー・執筆
自然療法セラピスト歴23年
・身体に記憶されるSense(感覚)やimage(映像)
・Highly Sensitive Person (HSP)の研究家

詳しいプロフィールはこちら

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. 思考停止から脱出し自分の考えを育む方法とは
  2. あなたの人生は右肩上がりなんです。それに気づく為のたった一つの方法とは!?
  3. なんとなく嫌な気分、それは潜在意識からの警告
  4. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒になるべき理由とは!?…
  5. 命が繋いでくれた、夢を叶え願望達成させる本
  6. 共感力が高いHSPの恋人と上手におつきあいするヒント集
  7. 『今』なにを思うか?で未来はできている
  8. 自己治癒力を壊さず健康を守ることは自己責任の最たるもの
  9. ダブルバインドの悲劇、目標や夢は書くだけで叶う?書いただけで叶うわけがない?
  10. 目標やゴールの達成はただの着地点。人生の道しるべに過ぎない

アンケートにお答えください

アーカイブ

PAGE TOP