ダメ出しはお金を払ってでも、してもらいたい3つの理由

1つ、2つ、と歳をとるごとに「他人からダメ出しをされなくなる」という現象がどんどん進んでいきます。

私がはじめて『他人からの助言は宝だ』ということに気づいたのは20代前半でした。ちょっと遅いでしょうか!?

ある日、新入社員の中で自分だけきつくダメ出しをされてない!ということに気づいて、これはマズイぞ!と思ったのですよね。

だって、新人ではなくなったらあまりダメ出しされなくなっちゃう。それに、若い時にそれをしてもらえなかったら社会人として自己成長しようとする時なのに、大きな損失になってします。

気づいてからというもの、ちゃんとダメ出しをしてもらえるような自分になるぞ!という目標を立てて努力していきました。

そして。。。

また近年になって、そのことが気になり始めたのです。

歳をとると、ダメ出しをくれる人がどんどん減っていきます。今、周囲にいる人たちを思い出してみても、そのような貴重な人はゼロに近いんじゃないかな?と思います。めっきりダメ出しされなくなってしまった今日この頃….

誰だって、自分より年上だと思えるような年齢の人に対して、ダメ出しはしにくいですよね。

だから、20代前半の時のように気をつけるよう努力するだけじゃぁ、全然ことは改善していかないんです。

そこで私が現在採用している方法は、『お金を払ってダメ出しをしてもらう』ことです。
 

お金を払って価値を買う

 
「ダメ出し」というものは、心理的にあまりやりたくないことですよね。上司が部下にダメ出ししてくれるのは、お仕事で給与をもらっているから。

配偶者でさえ「ねぇ、ダメ出しお願い」と頼むと、ちょっと嫌そうな雰囲気を醸し出します(笑。ネガティブなことってあまり口に出したくないんですね。

なので、現在の私はダメ出しが欲しい時期にはお金を払わせてくれる人を探してきて、ダメ出しをしてもらっています。ちなみに、「お金を払わせてくれる人」っていうのは、何かご商売をしている人っていうことになります。提供しているサービスを買ってダメ出しをしてもらうんです。

ダメ出しが欲しい時期とは、何かを改善したい時とか、新たなプロジェクト立ち上げの時。独りよがりの考えで突っ走ってしまったりすることが無いように、ダメ出しをしていただくわけです。

ダメ出しはお金を払ってでも、してもらいたい3つの理由は….
 

1)盲点が消えて視野が広がるので見えることが増える
2)自分が気づいてないことを知る(認識する)ことができる
3)人として成長することができる

 
ちなみに、私自身も真面目に相談してきてない人に対してダメ出しはできません。相手に嫌われちゃうリスクを追うことになってしまいますし、何より相手に対して失礼ですよね。

ですが、コンサルティングに申し込みしてくださっている方は真剣です。だから私も自分が嫌われたらやだなというリスクを顧みず、相手の成長のためにダメ出しもします。真剣勝負です。

ダメ出しの洗礼は美しいもの。

だって、物事がうまくいかないことを他人や社会のせいにするのではなく、『自己責任型の思考』で自分自身を省みることができるのですから!

皆さまは、最近ダメ出しをしてもらっていますか?
 
 
✴️【備考】
この記事は、sousakubito.comより当ブログへ移動させたものです。
 
 

関連記事

  1. 太古の引き寄せの法則!インカの時代から伝わる願い事が叶う砂漠…

  2. 映画ラ・ラ・ランドから学ぶ、夢を叶えられるパートナーと一緒に…

  3. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させまし…

  4. 批判ばかりしていると、失敗を恐れるつまらない人生になっていく…

  5. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない…

  6. ティーンエイジャーに小言を聞き入れてもらいたい時に使えるワザ…

最近の記事

人気の記事

友だち追加

アーカイブ

想いを咲かせるメッセージ配信

PAGE TOP