もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする

セクシュアリティーは『心』のこと。心がどこへ向くかということ。

間違った認識をしていると、相手の尊厳を傷つけることがあります。

今日は相手の性を尊重することに関するテーマの記事です。
 

気になるけど見ないようにすること

 
やりたいことがあって前へ進もうとしている時に何か「気になること」があると、それが足かせになります。

100%目標に向かって注力を注ぐことができないからです。

ただ「気になってること」の中には、気づいていることと気づいてないことがありますよね。

ほとんどの人が気づいていない “気になってること” の一つに『性』の問題があげられます。

ここが解決して気にならなくなると、一気に目標に向かって行動できるようになったりします。

そのぐらい人間にとって、というか生き物にとって、基本的なエネルギーの源なのでしょう。

性に関する問題は、本当は「気になってること」なのに、気にしないようにしたり、無いものとする傾向が見受けられます。

トラウマだとか問題には必ず『光』を当てなくては、解決していきません。光をあてるというのは「あ、ここにあるんだね」と認識することです。

男と女の関係にまつわる性の問題だってややこしいのに、その他にも色々なパターンもあるし。ヘテロセクシャルもあればホモセクシャルもある。

若い頃、たまたま(知らずに)バイセクシャルの男性に恋心を抱いたことがありました。趣味嗜好が似ていて話がすごく合うので仲良しでしたが、「男なら年下、女ならオバさんが好き」と明言していたその男性。若かった私は友人止まりで恋人候補にはなれませんでした。

それぞれの性に対して尊重することがとても大切です。相手のための尊重という意味もありますが、それは自分のためでもあるのです。

そんなことは誰もがわかっていること。だけど、私たちが考えるよりもっとデリケートな要素を含んでいるのも事実です。

例えば「子供はどうするの?まだなの?」と聞くのもセクハラになりえます。

ある同性愛者の男性と、性的な行為をしたくない女性が結婚して幸せに暮らしていましたが、時々このセクハラ質問をされていて気の毒でした。
 

A-セクシュアル

 
最近ではテレビドラマなどでも同性愛者の役回りが出てくることも結構あって、さまざまな性のバリエーションが認知されるようになりました。

他にも、みんなが知っていなくてはならない性があります。

それは「A-セクシャル」と呼ばれる性の種類です。日本語に意訳すると「無性愛者」になります。

恋愛や性的な接触に対して、いっさい興味がないし欲もない方々です。

私が初めてこの言葉を聞いたのは、20年前ぐらい前のこと。アメリカ人の女性と話をしていて教えてもらいました。アメリカではかなり昔から認知されていたことですが、日本ではどうでしょうか。

カナダに所在するBrock Universityのアンソニー・ボガート准教授の著書『Understanding Asexuality』によると、全人類のうち1%の人(男女)が「A-セクシャル」だそうです。

18000万人の男女に対し「性的魅力」についてアンケート調査したところ、「異性でも同性でも性的な魅力をまったく感じない」と回答した人が1%。

少ないように思えますが、世界人口の1%だとおよそ七千万人も存在することになります。

私の個人的な感覚としては、もう少し増えているように感じています。クライアントさまとお話しする中で、恋愛や結婚の話題も多いのですが、継続的にお話をうかがう中で「どう考えてもお相手はAセクシュアルだな」と思えるケースが時々あります。

素敵な男性で、優しいし自分のことを好いてくれている。時々デートをしている。

だけど….

性的な接触はいっさい無し。手も繋がないし肩に触れたりするのも嫌がる様子を見せる。だから「私のこと好きじゃないんだ」と思って距離を置こうとすると、また会いたがる。

そのような態度をされて、「も〜!意味不明!」とイラっとする人もいらっしゃるようです。でも、ある程度の時間が過ぎても上記のようなそぶりがあれば、A-セクシャルかもしれないと考えて対応した方が良いケースもあります。

なぜならば、相手の『性』はリスペクトしなくてはならないことだから。

A-セクシュアルの人の特徴を端的に言うと、
 

・異性とも仲良くなれる
・皆んなと一緒に楽しくパーティーしたりなんかも好き
でも….
・一緒の家に誰かと住むのは考えられない!無理!
・体にベッタリ触られるのは絶対イヤ!
・手を繋ぐのもNG!

 
こんな特徴があります。

生育環境でこうなったのか、生まれつきなのかはわかりません。とにかく身体的な密着を嫌います。相手を大好きでも、です。

ちなみに、以下のような人は「A-セクシュアル」のカテゴリーには入りません。
*臆病で異性と付き合えない
*自分に自信がないから人付き合いが苦手
*性行為が恥ずかしいからできない
*いいなと思う人がいるけど積極的になれない
*性的に機能不全

これらのケースは似ているようで、違います。

セクシュアリティーは『心』がどこへ向くか?ということ。

同性愛者は『心』が同性を求めます。A-セクシャル(無性愛者)は『心』が恋しない人であり恋人として誰も求めていないのです。

異性愛者の人でも、恋愛対象ではない人には恋をしません。でも友人や家族や仲間を愛します。

それは、A-セクシャルの人だって同じ。大好きなお友達や仲間がいるけど、だからといって恋愛感情は誰にも抱かないんです。

そんなわけで、A-セクシャルの人と仲良くしてもらってる人の中には、一方的に恋愛感情を持ってしまう人もいて当然です。

A-セクシュアルという性のカテゴリーを知らないがために、悩みが生まれてしまうケースは思うよりあるんです。
 

リスペクトするということ

 
人にとって大切なのは、どの性を持っていたとしても相手を尊重しそれを受け入れること。

決して無理強いはしないこと。

無理強いするのは、意外なことに女性の方が多いんです。

例えば、相手の男性がホモセクシュアルだと知っているにもかかわらず「彼を愛してる!」「いつか振り向いてもらえるように頑張る!」などと、主張する女性。

聞こえはいいかもしれないけど、これは相手を無理矢理に変えようとする行為。「想い」の暴力とも言えます。相手の領域に土足で踏み込もうとしている状態ですね。

A-セクシュアルの人は、本人に自覚がないことも多いのですが、ある程度の期間おつきあいがあればなんとなくわかってくるもの。

「A-セクシュアルかもしれない」と判断できたら、問いただすのではなく、そっと相手の性を尊重するように切り替えましょう。

女性の中には、そういう男性を「おそっちゃうぞ」と計画する人もいますが、それはやめましょう。

心の友達として末長くお付き合いしていく道を選ぶと、お互い幸せになれます。

A-セクシュアルの人とは性的な接触が一切ないのですから、他の人と結婚した後だってずーっと一生おつきあいしていける関係でいられる。とっても素敵なことではないですか!?

そう思えば、「こんどおそってやる!」なんて恐ろしい考えは引っ込んでしまうのでは?(と…願ってます)
 
 
💚💗💙💛【LOVE道】カテゴリー
その他の恋愛結婚に関する記事はこちらからどうぞ!
↓   ↓   ↓   ↓
http://www.omichikahori.com/category/love/
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 出逢いがない、いい人がいない、そう思っているならこの訓練をしてみてください

  2. 結婚相手が見つからない女たち男たち、愛にまつわる現代病の闇とは?

  3. 「容姿に自信がない」という心理状態の原因はコレ!

  4. ある先輩の“LOVE道ストーリー” が教えてくれたこと

  5. 恋愛は思い込み心理なのか?脳の錯覚に振り回されず使いこなせ!

  6. 浮気をバラす人は、エネルギー的な暴力を振るった事と同じなんです

  7. 恋愛の破綻で求めるのは愛?それともお金?男女のコミニュケーションがすれ違う時

  8. 人が決めた理想の「ひながた女」と、オリジナルの自己イメージ「天然女」どっちを選びますか?

  9. たのしい夫婦円満術は定期的にドーパミンやセロトニンを出し、15分間アレをする

メールおしらせ配信

想いを咲かせるメッセージ配信

過去記事はこちらから

スポンサーリンク




人気の記事

庭の四季Instagram

スポンサーリンク




ブログ筆者



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・セラピスト

アファメーションを生き方に!
→【想咲人プロジェクト】

身体感覚をコンパスに!
→【ボエィーエコロジー】


詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
1日1回1クリックありがとう


 

公式LINE@に登録♪

友だち追加

お問い合わせ

omichi_mail300x200 (お名前フルネームの記載がないお問い合わせにはご返事できませんので、あらかじめご了解ください)
『個別コンサルテーション予約』もこちらからどうぞ。

最近の記事

  1. イメージを利用した記憶術を身につけると自信につながります
  2. 言葉と心をつなぎ、いっぱい想咲人をつくる1年に
  3. 私の強みは?私の才能は?知りたいと思ったらすべきことはたった一つ
  4. コンサルタントでも即答すべきでない質問はこの2つ!
  5. 「夢」って何ですか?自分なりの定義を決めないとなにも叶わない
  6. 来年はどんな年にする?正しいアファメーションで実現化させましょう
  7. 不満とか愚痴をノートに書き連ねてもいいんです、ただしアファメーションにならないよ…
  8. その口癖が未来をつくってる、正しい言葉とアファメーションを
  9. もう一つの性「A-セクシュアル」、恋愛を無理強いしないで一生の友とする
  10. 今年は寄生虫も含め害虫のあたり年!自然療法的にはどう対処したらいい?

アーカイブ

PAGE TOP