風水的に最良の地区@プチョン

半日だけ美女軍団とは別行動をして、ペタンコ靴を履き地下鉄とバスを
乗り継いでちゃっちゃっと1人で観光に行ってまいりました。
ハングル文字の世界で訳がわからないのですが、道行く韓国の人達に
すご〜く親切にしていただけて、いろいろ教えてくださったので、
なんとか公共交通機関を使ってたどり着くことができました。
ありがとうございます(^^)カムサハムニダ  ♪ 감사합니다.

地下鉄の駅にはモーツァルトが流れていました♪

地下鉄の駅にはモーツァルトが流れていました♪

以前から朝鮮王朝時代の建物を見てみたかったのです。
19世紀に建てられ、風水的にもソウルで最良の場所とされており、
昔は王族や高級宮吏が住まう高級住宅街だったそうです。
景福宮と昌徳宮の2つの王宮に挟まれた、高い丘一帯の地域であり、
現在では古い王朝時代の建物に混ざって、豪邸も建ち並んでいる
「北村(プチョン)」という地区です。
伝統家屋を保存するプロジェクトで保護されている様です。
王宮の方は、修復工事中だったので残念ながら見学しませんでした。

王朝時代の威厳ある瓦屋根がのこっています

王朝時代の威厳ある瓦屋根がのこっています

石堀や折り重なる瓦屋根の伝統家屋(韓屋=ハノック)が連なってます。
この上の写真の瓦屋根はかなり古いものですが、重厚でどっしり
した風格があります。四隅が反り返っているのが特徴ですね。

おもむきのある細い路地をゆく

おもむきのある細い路地をゆく

まさに『チャングムの誓い』の世界がひろがっていました。
古いものと修復されたものに混ざって、景観を損ねないようなレンガ壁が
新しくしつらえてあったりして、趣のあるエリアです。

王朝時代の建物の中はこんなかんじ

王朝時代の建物の中はこんなかんじ

この地域の中には2つほど資料館や博物館があって、中も見学することが
できるようになっています。

重厚なドアの中は

重厚なドアの中は

重厚な扉が、これら朝鮮王朝時代の建物の特徴ですね。

200年前の家屋と、旧建築様式の新築が混在

200年前の家屋と、旧建築様式の新築が混在

うん、確かに風水的にエネルギー的にとても気持ちがよい場所でした。
おしゃれなカフェなんかもあったりして、おいしそうな韓国デザートが
ありました。もうちょっと長く滞在したかったな。
もう少し丘の下の方まで歩くと、若手デザイナーや芸術家が集まる
ストリートがあって、イチョウ並木沿いにおしゃれな店舗があるモダン
な地域もあるみたいです。

関連記事

  1. アジサイの季節だね

  2. 不思議な繋がりとまさかの共通点が

  3. GW@おもしろ海岸

  4. ムスタン王国の民族衣装@大きい天然石

  5. 道玄坂の成人式

  6. 新オフィスのご紹介!セミナーや茶話会のときいらしてくださいね…

友だち追加

想いを咲かせるメッセージ配信

最近の記事

人気の記事

アーカイブ

PAGE TOP