ポジティブな意識のコヒーレント

いつもお世話になっている業者さんから連絡をいただきました。
最近、ガンブラー(Gumblar)というコンピュータウィルスの被害が
拡大しているので、注意を促すものでした。
JR東日本、ホンダ、ローソン等のページにも侵入し、ウィルスを
仕込まれてしまった為、これらのサイトを閲覧したPCはウィルス
に感染する恐れがあるのだそうです。

このウィルスに感染すると、そのPC内で管理しているFTP情報が
第三者に送信されてしまいます。
その結果、その会社で扱っているページにウィルスが仕込まれて
しまい、感染拡大に繋がってしまう、新たな恐ろしいウィルスです。

予防策として、ウィルススキャンとWindowsアップデートを手動で
実施すること。Adobe ReaderやFlash Player等もアップデートを
行うこともウィルス対策として有効だそうです。
そして、このウィルスの一番有効な対策はFTPアカウントの
「パスワードの変更」なのだそうです。皆様ぜひ実行してください。
lotusfield360
誰かが何かの目的で攻撃しようとバラまいているコンピュータウィルス。
標的が不特定多数なことから、やっている本人達の持つ「破壊欲」
や「自己顕示欲」のメンタリティーを感じずにはおれません。

こういった気配を地球のどこかで感じた時、我々ができること、
それは自分の中からより幸せで気持のよいエネルギーを広げる
ことではないでしょうか。

多くの研究で、『結束力の高いポジティブで思いやりあふれた
共同体意識』を持つコミュニティーと関与すると、個人の健康状態
に好影響を与える、ということが示されています。

その中でも、興味深い実例が米国ペンシルヴァニア州にある町の
お話しです。「ロゼート」は、イタリアの同一地域出身の移民だけ
が暮らしていた町で、人だけでなく文化もそっくりそのまま移動
されたような暮らしだったそうです。

そんな事から、この町はきわめて結束力の高い共同体意識を共有
しており、富裕層も貧困層も、嫉妬心が最小になるような相互関係
を維持するよう緊密な暮らしを心掛けていたそうです。

ロゼートに済む住民達は、喫煙、経済的ストレス、高脂肪の食事、
が浸透して、健康を害すハイリスクな生活をしていたにも関わらず、
住民の心疾患発生率が近隣の町の約半分以下だったのです。

ところが、一世代後になって、若者達はコミュニティー意識を
持たなくなってこの町の結束が崩壊してしまいました。
みんなで繋がり相互関係を維持しながらの暮らしから、都会風の
よくあるバラバラの個人の集まった地域に変わっていった時、
なんとそれに並行して心疾患発生率は急激に上昇してしまい、
近隣の町と同じ水準になってしまったのだそうです。

差別意識、嫉妬の意識、怒りの意識、破壊欲、などのない
ポジティブな相互関係が全体で維持されている時、そこには
健康的な『コヒーレント』が生まれているであろうと、研究で
提示されています。

地球というBigコミュニティーを癒し、地球人に平和と幸せを
もたらすために、このようなポジティブな意識のコヒーレントが
保たれるように、一人一人が意識していたいものですね。

L.F. Berkman and S. L. Syme, Social networks, host resistance
and mortality “a nine-year followup study of Alameda County
residents”, American Journal of Epidemiology, 1979

関連記事

  1. チェコ共和国のワンちゃん達

  2. ボダナート寺院 (Bouddhanath)

  3. 甘いもの嫌いな子は王子様になれるかも

  4. エソテリック体の治療

  5. とても50’sには見えない人たち

  6. 私が感じたネパール

友だち追加

想いを咲かせるメッセージ配信

最近の記事

人気の記事

アーカイブ

PAGE TOP