(伝)おしらせ

SegWay(セグウェイ)で市内観光

(写真をクリックすると大きくなります)

SegWay(セグウェイ)で、ウィーン市内を観光しました!
2輪車の電気で動く乗り物です。(写真左のおじさんが乗ってます)
前に進みたい時はつま先に体重をかけ、後ろに下がりたい
時はかかとに体重をかけます。停止していたい時はちょうど
バランスがとれる中心に保持します。
segway_man_680
バスの車窓から見学する市内観光コースと違って、自分の足で
歩いて見学しているような感じです。
晴れ女のワタシですから、今日ももちろんお天気は最高です。
segway_citycenter_680
街中を走行すると歴史のある建物が素晴らしくキョロキョロしてしまう。
「走行中に写真を撮影しては危険です!だめですよ」と注意されました。
ちなみにバランスをとることに慣れるまでは、私は問題児で、
ガイドさんのすぐ後ろを走るように言われてしまいました。(^^;;
segway_kaori_680
総勢7名でSegWayで走行していると、街を歩く人々の注目の的
になってしまいます。「どうやって進むの?止まる時はどうするの
?怖くない?」など質問されたりしました。
segway_charch_680
樹木がとにかくビックサイズ!街の中に木がたくさんあるので、
その大きさからグリーンに囲まれているかのような感覚になる
スポットが沢山ある。
そして、建物も教会も何もかもビック!
segway_statue_680
銅像も、他ヨーロッパ都市にあるものと比べてビックサイズ!
さすがハプスブルグ家。
segway_park_680
そして、街のいたるところに大きな公園があってうらやましい!
セグウェイでの観光に参加した人は、まず公園でみっちり
運転の練習をして慣れてから出発します。
公園でくつろぐお年寄りから市役所に「怖い」「うるさい」との苦情の
電話が多いとかで、公園の深部にセグウェイが入ることが禁じられて
おり、出口付近でしか練習することができませんでした。
segway_libraly2_680
美術館の建物も巨大!そして美しい。
ブログの画像ではそれが表現できないのがざんねん!
segway_picture_680
ウィーンでの心残りはただ一つ。
もっと沢山の美術館をまわってたくさん絵を見たかった。
美術館が多く、しかも素晴らしい作品ばかりがそろってるので
ポイントを絞るのに大変です。
この次は美術館巡りだけにウィーンにきたいな。
segway_tram_680
ウィーンにはじめて訪れる前は「パリより少し静かな感じの街かな?」
「ローマみたいな雰囲気でもうちょっと綺麗な感じなのかな?」とか
想像をめぐらしていました。

実際に来てみたらぜんぜん違っていました。
他のどの都市とも違ってた。
高貴な雰囲気のある街、余裕や豊かさを体感できる街、自然と歴史が
融合した文化的な街、貴族的エネルギーが感じられる街、でした。

700年間も繁栄し続けたハプスブルグ家によって、建てられた
建築物はとても豪華であり街全体のバランスや道との協調性を
もっているので、そんな栄華を表す建物が建ち並んでいるから、
気品があると感じられる、という事もあると思います。
同様に素晴らしいゴシック建築の建物も街に沢山存在します。

ローカルの人に「なんか未だにハプスブルグ家の貴族的エネルギー
が感じられるわね。」と言ったら「面白いこと言うわね。でも確かに
そうだわね。」と同意してくれました。

ここでは何もわからなくても心配せずにガンガン行動できてしまう。
市民からは心の余裕が感じられ、本当にみんな親切です。
親切そうに一見みえない人(ワルをキメてる男子や気取った
オシャレ女子)も、声をかけて喋ってみるととても優しく
してくれた。

昔うちの両親に「世界で一番スキな都市は?」「旅行に行って
一番気に入った場所はどこ?」と聞いたときに2人とも
「オーストリアのウィーンだよ」と言っていました。
実際に自分も訪れてみて、そう言っていた理由がよーく分かりました。

(写 真をクリックすると大きくなります)
HP




-(伝)おしらせ

Copyright© 大道ブログ , 2020 All Rights Reserved.