Essay

バンテアイ・サムレ遺跡@カンボジア

(画像を クリックすると大きくなります!)

今回の遺跡を巡る旅は、ベトナムに甥っ子を迎えに行ったときに、
義理の妹が連れて行ってくれたのでした。
彼女もカンボジア旅行ははじめて。も〜、猛暑なんてもんじゃない!
2人ともまさか、ここまで暑いとは思ってもいませんでした。
(ベトナムに帰国後「おぉ涼しい!」と思ってしまったくらいです)

もしかしたら治安が悪かったり交通の便が悪かったりするかも
しれないので、念のために日本語が話せるガイドさんを頼んで
おいたのですが、この猛暑の中観光をするには、自分たちの車と
ガイドさんを確保しておいて大正解でした。
pante800_17
朝一番で比較的すいている『バンテアイ・サムレ』Banteay Samre
という遺跡に連れて行ってもらいました。(上は全体図です)
まだ体力があった時だったし、写真も綺麗に撮れたと思います。

pante680_11
『バンテアイ・サムレ』の外観です。
バンテアイ・サムレは「族の砦」という意味だそうです。
その名にふさわしく、堀で囲まれた重厚な外観です。
pante680_13
初っぱなから、入り口上部のレリーフの美しさに感激。
pante680_12
遺跡の中には、石に繊細な彫り物がしてあるレリーフが沢山あります。
pante680_4
一つの入り口は、精妙に計算され一直線に他の扉と並んでいます。
pante680_10
一番向こう側まで見えてしまうくらい、一直線。合わせ鏡の世界みたい。
pante680_8
『バンテアイ・サムレ』はヒンドゥー教(ヴィシュヌ派)
の寺院です。創設者はスールヤヴァルマン二世。
pante680_7
尖ってるものは、蓮の花のつぼみを表しているのだそうです。
pante680_3
こちらは窓が重なって一直線に並んでいる↓。
pante680_6
反対側のゲート。四方にゲートがありそれぞれに趣が違う↓。
pante680_9

(画像を クリックすると大きくなります!)
HP

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP