ESSAY

エッセイの本棚

  1. HOME
  2. ブログ
  3. おしらせ
  4. 100歳のバースディー

100歳のバースディー

(-◎_◎-)のおばぁちゃまが100歳のお誕生日をむかえました。
言葉は不自由だけどすごくお元気そうだ。
誕生会に参加している親戚の人々も、とても嬉しそうでした。

100yearsold_2010aug

真心がこもった手作りの横断幕

最近日本国内で、行方不明の100歳越えのお年寄りが沢山みつかった
けれど、一方でこんな幸せな100歳の誕生日を迎えている人も
いるんだな〜。

グースフラワー

グースフラワー

私が100歳になったら、どんな誕生日を迎えるんだろう ∞(≧▽≦)∞
そんな事を少し想像していたら、隣にいた女性が同じことを
つぶやいたので驚いた。(@.@)
この誕生会の様子はうらやましくなるほど幸せな光景だったからなぁー。

rojinhome_2010aug

こっ、これはパンダちゃんか!?

この介護施設はとても清潔で心地よい雰囲気でした。
トイレの手ふきにもこんな楽しい手縫いの刺繍がしてあった。
みなさんきっと、大切にケアーしてもらっているのだろうなー。
天然木が多く使われた建物で、周囲には花や木々も多い。
ツバメの赤ちゃんも玄関先で生まれていました。(^^)

ちょっと季節外れの出産でしたね

ちょっと季節外れの出産でしたね

なぜか、パンクヘアーの大きな子と、しょぼ羽の小さい子がいました。
ツバメは毎日早朝に1卵ずつ産むのだそうですね。
そして、最後の1個を産みおえてから暖め始めるのだそうです。
だから通常はヒナの大きさにはさほど違いは無いようです。
ただ、ときどき最後から2卵目で暖め始めることもあって、その場合は
最後のヒナは他の子より体が小さく、エサをもらうには不利になって
しまうこともあるとか。

いずれにしても、ここの巣で生まれたツバメさん達はこの介護施設
のお年寄り達に癒しをもたらすアイドルなんでしょうね♪♪

【後日談】

この百寿のお祝いの翌々日に、たまたま40代前半の方と話しをする
機会があった。その方に私の100歳のビジョンを話すと、
「えー!そんなに長生きするの!?そんなにいっぱいやる事あるの!?
私は50歳で死にたい。昔からそう思ってる」と言いました。
その方は、ずっと老人のケアーや治療をしてきた方だったので心身が
辛く苦しいお年寄りばかりを毎日毎日みてきたそうです。
だから、歳をとることに非常にネガティブなイメージを持っている
とのこと。「私はあんなふうに苦しみたくない」と。。。

短命が悪いわけでもないし、長寿が良いという事ではありません。
ただ、『見ている世界』が違うと、こうも未来の展望が変わってきて
しまうのだなーと感じた体験でした。

関連記事

メールおしらせ配信

友だち追加

想いを咲かせるメッセージ配信

最近の記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

登録されている記事はございません。

大道かほ莉



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
詳しいプロフィールはこちら


アーカイブ