Essay

脳にとどく「音」を聞かせる

27日(月曜)から、生体音響学(バイオアコースティック)の
コンフェレンスに出席するため、アメリカのオハイオ州に行きます。
昨年はアメリカからインストラクターの友人が日本に遊びに来たので、
コンフェレンスの様子を教えてもらったり、最新テクを習ったりした
ので、渡米しませんでしたから、約2年ぶりになります。

この研究所に所属してから、もうかれこれ10年以上たちますので、
幾度となく脚を運んできたので、だいぶ土地にも慣れました。
まず、成田からシカゴに飛び、国内線に乗り換えです。少し待ち時間
があるので、その間に暖かいシナボンを食べます。(^^;;

「シナ」はシナモン、「ボン」はフランス語で良いという意味
なんだそうです。ホントはこれちょっと甘過ぎる……..
でも、長時間フライトで疲れ気味の時にはなんだか食べたくなる
んですよね。

シカゴからコロンバス空港まで飛んで、そこからはレンタカーを
借りて車で2時間ほど走り、田舎の小さな大学の街に宿泊します。
オハイオ州立大学がある他は、なーんにもない所です。
研究所はさらにそこから20分ほど車でいったところにあります。
静かな静かな丘の上の森林の中に施設が建っています。

そこに研究員やプラクティショナーの皆さんが集結し、研究の成果
を発表したり、バイオアコースティック開発者のシャリーからは
新たに発見した新事実や波動、治癒方法についての講義があります。
(シャリーは、科学系出身者でない者に与えられる栄誉ある
『サイエンスオブザイヤー』という賞を、国(アメリカ)から
授与された天才です)

ホメオパシーが叩かれているように、人気があり効果を上げていると
噂のある代替医療や自然療法は、やり玉に上がりやすいものです。
プラクテショナーが注意しなくてはならない点や、皆さんの身に
起こった困ったケースなどについてもシェアーします。
アメリカも日本も、どの国でもだいたい事情は同じ様です。
法律的に、クライアントには言ってはいけない言い回しや単語など、
知っておかなくてはなりません。
この点では医師も一般プラクテショナーも同じ様に注意が必要です。

この研究所はビジネスライクに企業を運営しているわけでは
ないので、大切なことはやはり現地に足を運ばなくては、得られ
ない情報もたくさんあるのです。
あまりに田舎なので、買い物を楽しんだりはできませんが、
とにかくエキサイティングなのでずっと関わって勉強させて
もらっています。

機密事項が多いので、なかなか公には書けない事が多いのですが、
もしシェアーできることがありましたら、後ほどこちらでご紹介
させていただきますね〜。

HP

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP