Essay

ネパール女性たちの衣装

(画像をクリックすると拡大されます♪)

カトマンズの街の中はわりと殺風景なのですが、街ゆく女性達の
洋服がとっても色鮮やかで目を引きました。
グループでかたまっている女性達の服装は、だいたい似ているので、
同じ部族の人達なのかなー、と想像しています。
nepal_woman_680
この4人↑の方々の衣装、とっても素敵でした。
シルクのような光る織物でできた、色違いの衣装です。
おそらくチベット系の女性ではないか、と思います。
nepal_woman3_680
この中央の↑若い女性達(ブルーとエンジ)の衣装は、おそらくインド
のバンジャーブ地方の「クルタ・スルワール(バンジャビードレス)」
という民族衣装ではないかと思います。
クルタという丈の長いブラウスに、スルワール(ズボン)、そして
スカーフが三点セットになっています。
ネパールでは若い女性が普段着に着ていると聞きました。
nepal_woman5_680
この↑女性達の衣装は、おなじみインドの「サリー」ですよね。
ネパールでは、女性徒の制服や既婚女性の正装として着用されて
いるそうです。
化繊の普段着から、高級シルク製まであるとのことです。
nepal_woman2_680
でも、普通の西洋的な普段着を着ている人も沢山います。
普段着なのに、やはり色とりどりでとっても鮮やかです。
道ばたで涼んでいる人達に許可を得て撮影したのですが、
とってもキレイなカラーが並びました〜。

(画像をクリックすると拡大されます♪)


HP

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP