思い出のモノの処分方法は!?お片付けの必殺技その1を実践してみました

以前、「お片づけの達人」の番組を見ていた時の事です。

娘が小さい頃に買ってあげたリカちゃん人形と、自分の物と、合せて大きな棚1つ分の大勢のリカちゃん処分に困っている、という主婦が相談者として出ていました。

番組に出ていた “お片づけの達人” が行なった思い出のモノの処分方法は、『写真に納める』というものでした。

まず、沢山のリカちゃんの中でどうしても捨てられない超お気に入りのリカちゃんと、そのお洋服を選んでもらいます。(ワタル君やママもありました)

いくつか選んだら、それらを並べて写真撮影をしてゆきます。モデルさんの撮影みたいに、ポーズとか構図を決めて必要ならばライティングもあててこだわって撮ってゆきます。

撮った写真を見て、満足に撮れてるかどうか?を確認します。気に入った構図でリカちゃん達を撮影できたら、リカちゃん人形達を処分します。

相談者の主婦の方も、撮れた写真が満足ゆくものだったのでウレシそうでしたし、心置きなく処分しておられました。

多くの場合、きっと撮影した写真に目を通すことすらしなくなる確率が高いでしょうね。でも、物を捨てられないのならば、処分する時にはとっても有効な方法だと思いました。

私はよく引っ越しをしてきたので、不要品処分は上手な方だと自負しています。けれども、どうしても捨てるのに抵抗があり、思い切りがつかなくて困ってしまう事もあります。

今朝、四半世紀以上もの間、愛用してきたキティーちゃんの爪切りが壊れてしまいました。

妹が中学生の時にプレゼントしてくれた、私が好きなカラー水色の、キティーちゃんがついてるサンリオ製品です。

あまりに古過ぎて、もうキティーちゃんの姿は無いのですが、キティーちゃんの爪切りと呼んでいました。

刃物で有名なドイツのゾーリンゲンの爪切りとか、その他の爪切りも買ったりもらったりしたことがあったのですが、どうしてもこの爪切りが私の爪の形に合っていて、つんつるてん爪カットにピッタリの弧の角度や大きさだったので、手放さずにずっとこれを使い続けていました。

独身時代に使い始め、アトランタ、ニューヨーク、ロサンゼルス、そして日本の各地に引っ越した時もずーっと一緒だったんです。

ところが今朝、たまたま(-◎_◎-) に貸してあげたら、強靭な足の爪を切ろうとして、ヒンジの部分が折れてしまったのです。

貸してあげたのははじめてでした。普段は別々の爪切りを使っていたのに、引っ越しで(-◎_◎-) 専用のが見当たらず…

ショーック!!( ̄□ ̄;)!!

(-◎_◎-) はポーンと“燃えないゴミの袋”に投げ入れてしまいました。

でも、私はなかなかキティーちゃんにさよならする踏ん切りがつかず、拾ってきてしまいました。

あまりに突然すぎるお別れだったから。
(TmT)

どうしたものか….と途方に暮れていた時、ふっといつかTVで見たあの “お片づけ達人” さんのやっていた事を思い出して、撮影することにしたんですっ!

水色のキティーちゃんの爪切り、さようなら〜。今まで長〜い間、私の爪をツンツルてんにカットし続けてくれて、どうもありがとう!あなたの事、忘れません!

Thank you and I love you!

関連記事

  1. 食のクオリティーを高く、自分を大切に

  2. カリブ諸国の人々と交流会、ムーチョ グラシアス

  3. エコボディーネイチャー10周年記念日

  4. グリーン・スクール敷地内でのエコ生活、自給自足を子供達が覚え…

  5. 悟りへの道「どっちだっていいじゃん」

  6. 夢のメッセンジャー、夢を日記に書き留めて自分の状態を知る

友だち追加

想いを咲かせるメッセージ配信

最近の記事

人気の記事

アーカイブ

PAGE TOP