Essay

接する人を選びましょう

私は活動や仕事を通してご縁があった方とは、『深く長くおつきあいをしてゆきたい』という考えです。

ですので1998年くらいに関わったクライアント様や生徒様の中には今でも交流がある方が沢山いらっしゃいます。こうしてブログを見てくださっている方もそうですね。

そして、ここ何年間か個人セッションや講座に参加されていない方でも、ときどきメールで近況を知らせてくださる方もいて、とても嬉しい繋がりをいただいてます。

そんな久しぶりのお便りの中で、「12年前に教わったことをまだ実行しているんです」とか「あの時、進めてくださった◎◎をいまでもやっています」とか、私の方が驚いてしまうほど、真面目な方もいらっしゃいます。

ありがたくて、涙がでそうです….

ただし、これは「良いこと」の場合と、「要変更」のものがあるのです。

普遍的な健康法をお伝えした場合もありますが、なにせ、私自身が『進化型セラピスト』なもんですから、おすすめする健康維持の方法や、おすすめする書籍や、おすすめする基礎化粧品なども、どんどん変わっていってます。

私が『進化型』でいたい訳は、常に世界は変化しているからです。科学者達による新しい発見があり、医学が進歩し、各社の企業理念が変わってゆき、社会そのものも変化し続けているから。

心理精神の扱い方も、10年前とはまったく違ってきていますし、近年マッサージの弊害なども研究者が発見しました。

だから、セラピストや医療従事者が『進化型』であることは、当然のあるべき姿だと思っています。

こんな風に加速度を増して発展し続けている現代ですから、他にも人々に何かをお伝えする役割の人は、常に情報をアップデートしていきつつ、アウトプット(公言)するべきですね。

ところで、
私が過去におすすめしていたセラピストや治療家の中でも、残念ながら今は要注意人物リストに入ってしまった方もいらっしゃいます。

人は人生の各ステージで、考え方も変わります。いろんなふうに。

いろいろな方がいます。
どんな職業もそうでしょうね。

何か自分を勘違いしている方、ウソ八百を並べて集客している方、患者さん感想文を自分で書いてる方、いろいろです。

その中で、良い人(すなわち自分のニーズに合った人)と出逢うためには、自分自身が「どうなりたいか?」「どうしたいか?」いつも自問自答して、明白にしておくと良いでしょう。

そして、これは本当に注意していただきたい事なのですが、『私と同じ師匠についているからといって、私と同じことができ、私と同じ志をもって、私と同じ心で人に関わっているわけではない』ということ、これを念頭においてください。

同じタイトルの手技を学んでいる、同じグループに参加している、似たようなことを提供しているように見える、友達だと言っていた、というのも然り。

だからといって、同じ深さの学びを得て、同じことを理解した、とは限りません。(私が優れてるということではなく人によって違うという意味です)

「そんなの当たり前」と思いますよね!?でも、時々この手の勘違いをおこす方がいらっしゃるのです。

そういった間違えをしない為にも、日頃から本を沢山読み情報を入ってくるままにせず、自分自身の判断で情報を主査選択できる『目』と『感』を持てるようにしてゆきたいものです。

私が公にこういうことを書いたのは、これらのリスト入りした人々が、人に与える悪影響は計り知れないということを、実感しているからです。(なぜか?については講座の中ではお話ししています)

どうか、お気をつけください。

 

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP