Essay

自分が見えてない「盲点や思い込み」に気づいて指摘してくれる人に感謝

社会心理学者のアルバート・ハストーフ博士らは、実験により『人には”選択記憶”が生じている』ということを発見しました。

何かについての強い思い込みや確信を持っていた場合、「どちらともとれる情報」を目にしたときには自分が見たいと思う方を選んで見ている、という事象です。

実験では、被験者達にまったく同じフットボールの試合を見てもらい、後から「この場面ではどうだったか?」といういくつかの質問をしていきました。

その結果、同じ出来事を見ていたにもかかわらず、それぞれ別のところに注目していたために、起きたことに対する印象がまったく違っていた、という結果になったのです。

ハストーフ博士の実験でも明らかになった様に、人は自分が “見たいもの” だけを見ながら人生を歩んでいますので、「自分には見えていないこともある」という事を知ってるだけでも大きく成長度が違ってくるでしょう。

けれども、私達はつい「自分が一番正しい」と思ってしまいがちです。自分はいつでも理性的な判断を下していると思い込んでしまうんですね。

だから「盲点を指摘」してくれる ”誰か” は、貴重な存在。

人の盲点を指摘する事は、必ずしも相手に喜ばれることではないので、慎重になります。それに、言った相手との関係性が悪くなってしまう可能性もありますから、そんなリスクも顧みず、指摘してくださる人がいるとしたら、とてもありがたいことです。

私もつい最近、盲点を1つはずしてもらえた出来事がありました。

それは、私自身が「今後もこのままでやってゆこう」と決めていた事柄に関することでした。午後の日差しを浴びながら心地よいソファー席で美味しい紅茶をいただいていた。そんな和やかな時間を過ごしていた時に、それは起こりました。

はじめてお目にかかった方と、普通に会話をしていただけなのに、大きな盲点がはずれて見える世界ががらりと変わってしまったことに、本当に驚きました。

同時に、もしもこの先もこの盲点があるまま生きていたとしたら、ぜんぜん違う人生になっていたんだろうな〜、と考えると、相手の方に対する感謝の気持でいっぱいになってしまいます。そして勿論、その方を私に紹介してくださった方にも!!!

これは、私が恩恵を受けただけでなく、私の周囲にいる人々とか、私が提供しているサービスを受けてくださっている方々にとっても、まったく違う影響があるだろうと考えると、ものすごくダイナミックな変化が起こった、といえますね。

そう考えたら、もっともっと盲点をはずしていきたくなってしまいました!

普段から「盲点をはずしてくれるような、反対の見解をくれる人ウエルカム♪」な心的態度でいると、きっと目の前にそんな人が次々と現れてくれることでしょう。

「自分の見てる世界が全てであり一番正しい」というカタイ頭だと、盲点をはずしてくれる意見をもらった時に、ただ「ムカつく!」と感じるだけで終わってしまいます。

そんなの、とってもとってもモッタイナイ!!

どのような人と繋がりたいか。
どういうご縁のネットワークを創りたいか。
周囲にはどういう人がいてどんな人間関係を持ちたいか。

こういった事は、つねにビジョンとして描いておくことがとても重要だと思うのです。目標設定をする項目の中でも一番重要なことがらの1つではないでしょうか。

自分が見えてない「盲点」や「思い込み」に気づいてくれる周りの人。それを指摘してくれることに感謝!
 
 

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP