Essay

自分が見ているものを見てゆきたい

まだ寒かった時、写真の師匠からこんな課題が出されました。

「春を感じさせるものを撮ってきて」というものです。

私は外を散歩してみて「春だなぁ」と感じたら、それを写真におさめようと思って、出掛けました。

まだ寒い冬だけど、小さい春をいっぱい見つけるお散歩です。

午後になると、日差しのあたたかさが増してきてポカポカしてきました。上を見るとお寺の立派な門の瓦に陽があたり『光』が反射していました。

それを見て「あ〜、あたたかいな〜、春が近づいてるな〜」と感じたので『光』を撮ってみました。

この他にも、甘くほのかな香りを漂わせている梅の花のつぼみの写真や、小鳥の写真などを撮りましたが、結局提出するのはこれになりました。

提出する写真を選んでいて、ふと気づいたことがありました。「この写真は作風的(!?)に私らしくはないよね…」って。

どういう基準で提出するのをこの写真にしたかというと、課題を出した師匠が好みそうだと思ったから選んだ。と、いうことが自分を観察してみてわかりました。

これは、なかなか面白い発見。

写真は自分の中の非言語の感覚を表現したものでもあるので、写真家によって作風というものがあるし、それは人によりぜんぜん違います。

だから、他者の写真への評価も人によってぜんぜん違います。(スキル的なことではなく、構図などセンスの部分のことです)

これまで、数名のフォトグラファーの方から写真を習ってきましたが、全員まったく違います。

「写真はやっぱり縦に撮るべきです」という方もいれば、「写真はできるだけ横に撮りましょう」という方もいます。

ボケ写真が好きな人、アート的な芸術性を求める人、カワイイ感じを表現したい人、完璧な構図で完璧な明るさを第一に求める人、など。

「春を感じさせるもの」の課題を出してくださった先生は、アーティストです。だから人物のポートレートとか、綺麗なだけの景色などよりも、芸術性のある写真をご自身もよく撮られていらっしゃいますし、課題の評価が高いのもそのような作品です。

だから本来はお花とか子供とか動物、それから食べ物など身近に存在する幸せを撮るのを好む私ですが、どうやらこの先生の好みにアジャストさせようとしているみたいです。

その方から学んでいるのですから、それはそれでイイ事だと思いますので、これからしばらく、その路線にも親しんでゆこうと思います。

余談ですが、
おととし学ばせていただいた方は、完璧主義のフォトグラファーでした。

それはそれはスパルタでした。わからない生徒がいるとイラッとします。私に足りないところが強化されました。

その方と一緒に撮影に行くと、完璧な写真が撮れます。構図もバッチリ、ピントもぴたっとあっていて、写真テクニックがキラリと光ってる写真ばかり撮れます。

それらを見ると、自分がこんなに上手に撮れるなんて!とびっくりしますが、私はその先生と一緒にとった”完璧な写真”を、一枚たりともブログにアップしたことがありません。

それから、フェースブックにさえ掲載したことがありません。「皆さんと共有したい」と感じられるものが1つもなかったから。

私がブログ読者さまやフェースブックで繋がっている方達に見てもらいたいと思うフォトは、私の心が動いた時にシャッターがおりたものです。

小さい幸せを見つけた瞬間の画像です。

それが、iPhoneでサッと撮ったものであっても、ちょっとぐらいピンぼけしていたとしても、バックにヘンなものが写ってても、私の心がうごいた瞬間を、シェアーしたいと思うのです。

話しを元にもどしますが、、、

私が先生の好みに合せて提出する写真を選んだ様に、「相手の好みを空気感で察して相手に合せてしまう」という行動は、親の顔色を見ながら、親が好む言動をとり親の好む選択をしてゆく子供達の行動に似ていませんか!?

人生経験豊富な大人が、子供をより良い方向に導くという意味では良いのかもしれませんが、度が過ぎると”没個性”になってゆき、子供が自然体から遠く離れてしまいかねません。

何事も「それをやっている自分に気づいていること」は大切ですね。

でも、子供達はそんな高度な自分観察などうまくできないでしょうから、大人達が、「子供が親の好みを空気感で察してそれに合せて選択する」をしてる可能性がある、ということを頭の片隅で知っていると、ちょうど良い感じでいられるのかな、と、そんな事を思いました。
 
 

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP