永遠に女性から愛される丸っこくってピンク色のもの

起業家である友人が、数年前に女性向けのキラキラしたまるっこいボールペンを企画開発して、中国で制作し、日本で販売していました。

その商品について意見を聞かれたので、「綺麗だね♪私も欲し〜い。ブルーがいいな!」と言いましたところ「ゴメン、ピンクしかないんだ。
ブルーは単に品揃えのために出してるだけ。どうせ誰も買わないから」だというのです。

どーせ買わないって!?どーゆーこと!?

友人に「なんでかな?」と聞いてみたら、「女性にはピンクで丸っこいもの提供してりゃぁ売れるから…」という答えでした。

私はブルーのキラキラが欲しいなーって思ったのだけど。そーなのか。ピンクで丸っこいものか…

この時の会話は私の中でけっこう印象に残っていました。

だからなのか!?つい先日、なじみの深い『ピンクで丸っこい』超人気者に改めて遭遇しました!
sakura.gai_720_ojisan.jpg
いえいえ、おじさんの事ではありません!!(^^;;

オジさんが手に持っているビニール袋の中身に注目!ピンセットのような、お箸のようなものでつまんで拾い集めてますね。

袋の中身はこれ♡
sakura.gai_720_1.jpg
私もよく、子供の頃に海岸で拾ったな〜。むかし集めたさくら貝は、小瓶に入れてとってあります。宝物のひとつです♡

『さくら貝』は、永遠に人々に愛される、ピンク色で、まるっこいものの代表ですね。

この日は、海岸の所々がうっすらとピンク色になるくらいに、無数のさくら貝が散らばっておりました。
sakura_beach2.jpg
所々といっても、ピンク色になってるエリアはけっこう広範囲なので海岸はいつもと違う「ピンクの世界」みたいで、とってもステキでした。

地元の方々も、男女問わずみなさんビニール袋とかトングを手に持って、さくら貝を採取していましたよ。
sakura.gai_720_2.jpg
それにしても、どういったシチュエーションでこんなピンク現象が起るのでしょう!?潮の流れ?気候?産卵の時期?今度、地元のお爺ちゃんとかに聞いてみようと思います。
sakura.gai_720_sea.jpg
海の色も、外国にいるかのように美しいターコイズ色をしていました。この色とピンクがかったビーチのコントラスト、最高でした!
 
 

関連記事

  1. 彩の鮮やかな住居が並ぶシンガポールのカトン地区

  2. 医療従事者や治療家などプロのための代替医療セミナーを開催

  3. 人々を褒めて世界を変える♡ショートムービー

  4. 新しいサロンで使う木のテーブルは、樹齢200年の一枚板から

  5. 老猫の慢性腎不全による排尿問題とご飯ちょうだい攻撃を緩和させる食事ケア…

  6. 睡眠時間、運動量、消費カロリーなどを管理してくれるアプリ

プロフィール



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント

詳しいプロフィールはこちら



メールおしらせ配信

人気記事

最新記事

講座・ワークショップ

Lineで友達になる

友だち追加