ハーブを飲みやすくするため合わせると美味しくなる紅茶はこれ!

最近、大のお気に入りになっているボダム「ダブルウォールグラス」は、ガラスが二重構造になっています。だから、熱い液体を入れてコップを持っても熱が手に伝わらないので熱くないのです。

ガラスが二重なので飲み口も分厚くなってます。なぜか、このコップで飲み物を飲むと美味しく感じてしまうのですよね。

だから、お茶やハーブティーをいただく時も、冷えたミント炭酸水を飲むときも、いつもこのコップを使ってしまいます!

さて、このダブルウォールグラスに入れたターコイズブルーの飲み物は、“バタフライ・ピー(Butterfly Pea)”というハーブティーです。

この植物は、ポリフェノールの一種「アントシアニン」が主成分。だから美しい色をしているのですね。

抗酸化物質だから美と健康の味方です!
buttaflypea.jpg
そして、レモン汁を入れると、こんな↓綺麗な紫のようなピンク色に変化!

これは、アントシアニンに含まれる色素が、レモンに含まれるクエン酸に反応して暖色系カラーになるから、なんだそうです。

お味、不思議な感じです。飲みなれるまでの間は美味しいと感じない方もいらっしゃるかもしれません。
blue.tea_2.jpg
でも、ハーブティーは薬膳ですからね。美味しくいただくための工夫が必要なハーブの葉もあります。

そんな時は、ティーを入れる時に紅茶の葉を混ぜてみるといい感じになります。

私のお気に入りは、飲みにくいハーブと『中国緑茶』のブレンドです。日本の緑茶だと香りが高く主張がありすぎるので、ブレンドに向いてないです。

中国緑茶は、紅茶や日本茶のように主張し過ぎることなく、中立なお茶の風味を加えてくれるので、ハーブととてもよく合います。

「中国緑茶 × 花びら」の組み合わせも、とっても合います。花の香りをまろやかに変化させ、とても上品な感じになるし、なにより飲みやすい風味に仕上がります。

 

関連記事

  1. あっという間にもう師走

  2. 老猫の慢性腎不全による排尿問題とご飯ちょうだい攻撃を緩和させる食事ケア…

  3. このアートの作者はどなたですか?

  4. チューリップの球根は甘くて美味しい?北のガーデナー泣かせの動物は…

  5. ガイガーカウンターで計った湘南・渋谷・市川

  6. グリーン・スクールの構内には、竹が材料としてたくさん使われています

プロフィール



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント

詳しいプロフィールはこちら



人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

 


登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

講座・ワークショップ

Lineで友達になる

友だち追加