思考のフィルターによって物事の捉え方が変わる、他者のフィルターを通した世界観で自己成長

お気に入りのカフェレストランのテラス席で、文章を書いたり本を読んで一人で過ごす事があります。

先日、いつものように一人で過ごしていたら、私の席の隣にお一人さまの7〜80代の老婦人が案内されてきました。お互い一人だったから自然に会話が始まり、結局、楽しくってずっ〜とおしゃべりしてしまいました。

電車で1時間半ほどかけて、数ヶ月に一度は鎌倉へ一人旅をなさっているのだそうです。

この季節は真っ白な大輪のアナベル(西洋紫陽花)が群生して咲いていて、見事な風情を楽しみました。庭を眺めながらおばあさんと会話していたら、ちょっとびっくりなことを耳にしました。

老婦人はこんなことを教えてくれたのです…

ishigama2014july_sofa.JPG
「今の時代は平和ボケっていうか、ちょっとつまんないわ」

「昔はね、いつ爆撃にあうかとヒヤヒヤしてたけど、激動の世の中だったから、エキサイティングだったわぁ〜。今思い返すと楽しかったな〜。」

と、戦時中の楽しかった想い出を語ってくれたことが、とても印象的だったんです。

戦争を知らない私は、空襲をそんな風にはイメージしていなかったものですから驚きました。

きっと、彼女と同年代の人ならば、「戦時中は怖かった」と大半の人が言うのではないでしょうか!?エキサイティングだったなんて初めて聞いた戦争体験談でした。

自分が何色のサングラスをつけているかによって、感じ方や受け止め方がまったく違ってくるのですね。

このサングラスを専門用語では『フィルター』と呼びます。私たちは生きていく中で体験から学び、さまざまなフィルターを取得していきます。

どんなフィルターを持っているか!?によって、物事の捉え方が大きく変わってきます。

例えば、変わった形の雲を見て創造力が豊かになり「クマさんみたいだな〜」とかつぶやいたりする人もいれば、「あれは地震雲だわ!大地震に注意しなきゃ!」とSNSで恐怖を煽るような発言をなさっている人もいます。

同じ事象をとらえるのにも、別の視点から眺めると違う見解が生まれてくるのですね。

まさか「爆撃がエキサイティング」などという捉え方があるとは、想像もしていませんでした!

他の人の体験を聞き、どう感じたかをシェアしてもらうと、他者のフィルターを通した世界観を垣間見れます。そうすると、自分の体験の幅までもが広がったように感じられます。

素敵なお庭だけでなく、新しい価値観に触れられて楽しい一日でした。

 

関連記事

  1. ワクワク系の被害者たち(会社を辞める前に読んでみる記事)

  2. 憧れの人のマネをして成長したい時に注意する点は

  3. 大切な人に言ってはいけない言葉、「失敗」はただの「経験」なのだ!

  4. 基本的に恐怖はすべて空想物語、オバケという名の捏造された記憶にすがる人…

  5. コーチングの父からのメッセージ「気になってる人」が「気になっていること…

  6. 暗示を入れられる被害を防ぐ方法、心を支配されないで(3)具体的な救済方…

プロフィール



【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント

詳しいプロフィールはこちら



人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

 


登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

講座・ワークショップ

Lineで友達になる

友だち追加