Essay

TVやスマホなど、人工的な刺激を受けないとどうなる?

私の尊敬するママさんが、シェアしていた投稿を、
了解を得てご紹介させていただきます。

TVやパソコンやDSの画面を見ることの弊害について、
人工的な刺激を受けた子供について、
非常に興味深い体験を教えてくれました。

上の子は3歳までおっぱいを飲んでいて、
ニコニコ育てやすい赤ちゃんでしたが、
後悔していることが一 つあります。

それはテレビを結構見せてしまったこと。

アンパンマンやミッキーが画面に映っていれば
後追いをしなかったので、家事をしている間によく、
バンボに座らせテレビに頼ってしまっていました。

3歳位でテレビの害に気付いて制限したのですが、
今でもテレビ好きです。
とはいえ、一日1、2時間位だったの で、
あまり影響ないかと思っていたのですが…

二人目の子をテレビを見せずに育ててみてびっくりしました。
自然を発見する力、工夫して遊ぶ力、センスオブワンダー、
おお〜っという時の目の輝きが赤ちゃ んでも全然違うんです。
ほんとです。

幼い頃に人工的な刺激に慣れさせてしまう弊害を
間近で見て激しく後悔しています。
あの頃の自分のばかっ!

幼い頃の刺激映像、テレビ、スマホ、DS、タブレット教育…
本当に、もったいないと思います。
上の子は現在リハビリ中です。

私も事あるごとに、TVの弊害についてクライアント様や
受講生の皆様に語っています。
眼筋や視神経の問題に加えて、潜在意識の鈍りの害
が大きくでてきます。
また、思考がどんどん「受け身的」に変容してしまいます。
簡単に言うと、考える力が衰えるということです。
それに加えて、マスメディアからの刷り込みが
無意識に入ってしまいます。
(良い悪いの2択的思考も染み付いてしまう)

お子様の体験談の中でも書かれているように、
「自然を発見する」とか
「工夫して遊ぶ力」
そして何より「センスオブワンダー」
が破壊されてしまうのが、
TVやDSなどの人口的な刺激による害なんですね。

そういうのって、持って生まれた宝物じゃないですか。
(;_;)

もったいないというか、宇宙への冒涜というか…

「文明の力」と「自分が持ってる力」、
バランスよく保ってゆきたいものです。

このような素晴らしい体験をシェアーしてくれた
友人にはホントに感謝!

大人であっても、自分自身が受ける “刺激” や “認識”
を観察&制限しつつ、
いつも心の “豊かさ”を感じられるような、
そんな人生を歩んでゆきたいですよね。

 

関連記事

プロフィール

【大道かほ莉】Kahori Omichi
・自然療法コンサルタント
・ことばアカデミー想咲人

詳しいプロフィールはこちら

人気記事

メルマガに登録する

登録はこちらです
ブログに書けないこと、メッセージ、
女性のためのイベントお知らせ、
などを、ときどき配信しています。

毎朝とどくメッセージ

登録はこちらからどうぞ
自分への問いかけのヒントや、
1日をスタートさせる言葉など
ショートメッセージを配信。

最新記事

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

PAGE TOP